車検 安い

安い車検を選ぶメリットは沢山ある

車検とは、車を安全に走行させる為の検査です。自動車車検証というのが車に付帯していると思いますが、これには有効期限があります。車は使っていても使わなくても、部品が消耗していくものです。経年劣化もあります。これにより、走行するにあたって危険な部分が無いかというのを検査するのが、車検と呼ばれるものです。一般的に新車の場合で三年後、あとは二年毎に受ける必要があります。これを怠ると刑罰の対象となります。うっかり受け忘れたという事が無いようにしましょう。また、受けるのに有効期限の一か月前から受ける事が出来るので、早めに受ける事をおすすめします。では、車検の検査項目はどういったものでしょうか。また、何万という額がかかるものです。安い車検を受ける方法はあるのでしょうか。詳しく見てきましょう。

車検のおおまかな内容と費用の相場とは

車検のおおまかな内容とは、まずは外観検査をします。保安装置や灯火器類、走行装置や乗車装置に異常が無いかを確認します。次に、タイヤの横滑りの検証やブレーキ検査、スピードメーターやヘッドライトの検査をします。これらは基準があり、それを満たしているかを確認していきます。それから、排気ガス中の一酸化炭素や炭化水素などが基準内にあるかを検査し、下廻りの検査をします。そうした上で書類審査と検査結果を総合判定します。更に、排気音や寸法などの検査もします。こうした検査総てに受からないと、再検査となり車検が通りません。費用には、法定費用と車検基本料にわけられます。法定費用は自動車重量税や自賠責保険料、印紙代の事で、どこで受けても同じ値段です。自動車の種類、車両重量や車検の有効期間などによって異なります。安い車検を受けるのなら、基本料の額が重要になります。

安い車検を受けるメリットとは何か

法定費用は安くなる事はありません。ですので、車検基本料の安い所を探せば、車検費用を安く抑えられます。車検がおこなえる場所は、ディーラーや車検専門フランチャイズのお店、民間整備工場、カー用品専門店、ガソリンスタンドなどがあります。それぞれにメリットデメリットがあります。ディーラー車検は、その車種の専門ですから、任せるのに安心ですし部品も豊富に揃っています。その代わりに費用が高くなってしまいます。車検専門のフランチャイズ店は車検専門だけあって、スピーディにおこなってくれます。その代わり、検査項目以外は見ない事がほとんどです。民間整備工場は地域密着型なので、信頼関係が築ければ安くていいでしょう。カー用品専門店は部品の品ぞろえが良く、タイヤなどが安く交換出来る事があります。安い車検を選ぶメリットはたくさんありますが、逆にデメリットとなる部分もあるので、それらを考慮して決めましょう。