車検 安い

安い車検の理由は必要のない部品まで交換しません

車検は数年に一度、数万円から20万円ほどかかるため、家計にも負担となっていることと思います。少しでも安く抑えたいという方も多いと思います。昨今ではディーラーでの車検ではなく、ガソリンスタンドや車検専門店などでの車検が注目を集めています。一般的に車検費用には法定費用と車検基本料金、整備費用などが含まれています。法定費用は義務的な要素が強いため、安くすることはできません。また一般的に広告などに記載されている車検費用は、点検と検査にかかる費用のことで、それぞれに価格設定されています。そのほかに整備費用がかかります。車検を安く抑えるには、その中の整備費用に着目します。安いと評判の車検では、この整備にかかる費用を極力抑え、必要のない部品交換は行わないため、必要最低限の価格で行うことができるのです。

基本料金が安いだけでは、車検が安いとは言えない

安い車検にもいろいろあります。点検や検査にかかる車検基本料の相場は1万円から3万4千円ほどと言われており、基本料を安くしているところもあります。車検を通すための最低限の検査を行うのか、次の車検まで安心して乗り続けられる検査を行うのか、といった差となりますが、どういった車検を求めているのかで価格に大きく差が出ることになります。基本料金を抑えたとしても、整備費用で追加料金が発生する場合もあるため、基本料と整備費用を合わせたトータル的な判断が必要です。整備の必要性をよく考え、求めている内容に合っているか、妥当な価格であるか納得するためにも、いくつかの見積もりを取っておくことをおすすめします。また整備の必要性に納得できるよう、立ち合いでの見積もり説明をしてもらうとよいでしょう。

車検が安い場合も法定費用は必要経費

車検費用が安いところにお願いできても、支払いの大部分を占めている法定費用は大きいです。法定費用には自動車重量税、自賠責保険、車検にかかる手数料です。支払いは義務化されており、車検を受けるための必要経費と考えておくのがよいでしょう。シュミレーションツールもありますので、自身の車にかかる法定費用は事前に把握することができます。自動車重量税は車体の重量によって設定されており、13年経過後と18年経過後には価格が上がります。ですので、法定費用を少しでも抑えたいのであれば、13年未満のできるだけ軽い車に乗ることをおすすめします。新車にすることで、燃費の向上が期待できることや整備費用を抑えられること、故障が少なくなることなどで、節約することができます。車検を受けるタイミングをきっかけに、車の買い替えを検討される方も多くいます。上手に買い替えして、車の維持費が少しでも節約できるといいです。